相続手続き スケジュール

 「相続」と「相続税」

 

 「相続」とは、個人が亡くなった際に、亡くなった個人(=「被相続人」)が生前に所有していた財産・債務の権利義務を配偶者や子どもなど、特定の人(=「相続人」)が受け継ぐことを言います。このとき受け継ぐものには、預貯金や土地・建物などといったプラスの財産のほか、借入金など債務も含まれます。

一方、「相続税」とは、被相続人から遺産相続によって財産を受け継いだ場合に、その財産に課せられる税金のことです。したがって、相続により財産を取得した方が、納税義務者となります。

 

 

 相続税の申告が必要なご家庭は10か月以内に手続きが必要

 

 個相続財産の確定(財産目録の作成)し、相続税の申告が必要なご家庭においては、相続が開始した日の翌日から、10ヵ月以内に申告書を作成し、税務署へ提出しなければなりません。また、税金の納付に関しても、申告と同様に、相続が開始した日の翌日から、10ヵ月以内に現金で一括納付が原則となります。また、注意いただきたいのが、【基礎控除、配偶者控除、小規模宅地の特例、他控除などを利用】して相続税がかかからないご家庭でも、同様に相続税の申告が必要です。

10ヵ月という期間の間に「遺産分割協議」を始め、以下の通り様々な手続きが必要となります。

 

  >>相続税の試算(いまから現状の財産把握をしておきましょう) こちら

 

 

 >>>>>相続手続きの流れはこちら「相続」って意外と大変?!